MT4 値幅ウォッチャ

MT4 値幅 ウォッチャ

MT4で設定した期間の値幅が縮小したらメールやアラートでお知らせ!

収縮で仕掛けを準備し、拡散する過程で取る!

Nehaba_01
上図は、EURJPY 5分足で値幅ウォッチャを表示したチャートです。

過去20本の値幅が25以下になったときにピンクの四角を表示し、
過去20本の値幅が30以上になったときに青い四角を表示しています。

ピンクの四角が出た時に仕掛けて、青い四角が出た時に決済した場合に連勝できた事例です。

Nehaba_02

上図は、EURUSD 5分足で値幅ウォッチャを表示したチャートです。

過去20本の値幅が20以下になったときにピンクの四角を表示し、
過去20本の値幅が25以上になったときに青い四角を表示しています。

※マルチタイムフレーム機能で1つ上位足の15分足の値幅を表示するときは、
初期設定の過去足20本(値幅期間足本数)は自動的に過去足60本の値幅となります。

ピンクの四角が出た時に仕掛けの準備をして、青い四角が出た時に仕掛けた場合に値幅が取れた事例です。

このように、直近の値幅をチェックすることで、相場の縮小と拡散に対するイメージがより具体的になり、仕掛けの備えがしやすくなります。

v6より、サブウィンドウ番号を内部管理できるようになりました。

また、初期設定の数値や色も変更して、より見やすくなりました。

 

 

nehaba_downupsignal

上図はユーロ円5分足のシグナル例です。
※青い四角形(ボックス)の表示/非表示が可能です。

相場が収縮してから、上下に大きく動き始める傾向が分かります。

値幅が縮んだ後、一度突っ込んでから上昇トレンドを形成したり、一度吹き上げてから下降トレンドに入ったりと一様ではありませんが、値幅が縮んだ後に相場が拡散する過程で取るチャンスがあることが分かります。


nehaba_upsignal

上図は、ユーロ円1時間足のシグナル例です。
一定の値幅を越えた時にシグナルを表示することも可能です。
※○は手動で加えたものです。

MT4 値幅ウォッチャのサブウィンドウの下に、MT4の標準偏差を表示するボラティリティインジケータ(MT4デフォルト添付のStandard Deviation)を表示しました。

値幅は高値と安値の差なので、一定期間における変動幅となります。

値幅はボラティリティと似たような意味になりますが、ボラティリティと異なる点は、反応がダイレクトで早く感覚的に分かりやすいことです。

例えば、上図のMT4値幅ウォッチャのサブウィンドウで、青い○で囲んだ上向き矢印は「ユーロ円の1時間足の過去足20本の値幅が75pipsを越えたんだな」と感覚的に分かります。

これに対し、上図の下のサブウィンドウでボラティリティを示す標準偏差(MT4デフォルトのStandard Deviation)で見た場合、「ユーロ円の1時間足の過去足20本の標準偏差が0.15を越えたんだな」と言っても一般的には感覚的に分かりにくいと思われます。

相場には、大きく分けて収縮と拡散という考え方があります。

言い換えれば、「もみ合い、持ち合い、ボックス」と「急騰、急落、トレンド」となるでしょう。

収縮の過程で、次のトレンドを捕らえる準備をするためにMT4値幅ウォッチャを活用してください。

そのために、感覚的に分かりやすいpips(ドル円、ユーロ円などでは銭と同じ単位)を使いました。

もちろん、相場のパターンは一様ではありませんので、相場が収縮した後、下に突っ込んでから吹き上げるケースもありますし、階段を一段一段上るような綺麗なトレンドを作るときもあるでしょう。

いずれにしても、大きく動くときの値幅は収縮時の値幅よりも大きくなることはほぼ間違いありません。

最後の例として、下記にGBPUSD1時間足を掲載いたします。

nehaba_gbpusd

GBPUSD1時間足でも値幅縮小から拡大の過程で取るチャンスがあることが分かります。

MT4 値幅 ウォッチャ 機能まとめ

「MT4 値幅 ウォッチャ」は全通貨全足対応であり、1分足から日足まで動作いたしますので、デイトレはもちろん、スキャルピングやスウィングトレードなどでもご利用いただけます。

以下のような機能がございます。

1. 初期設定では最新足を含む直近足30本の値幅がリアルタイムで30pipsの赤い水平線を下回ったら赤い下向き矢印を表示します。

水平線の水準や色は適宜変更してください。
値幅縮小時シグナル表示レベルを0に指定すると値幅縮小時シグナルを表示しません。

メインチャートに矢印の表示/非表示、ボックスの表示/非表示が可能です。
ボックスの色を矢印と異なる色に変更することも可能です。

※異なる複数の設定を表示することが可能です。
nehaba_gbpusd_multi

注意点として、複数のサブウィンドウを表示した場合、サブウィンドウを一部外す時は、

後から追加した下の方のサブウィンドウから削除してください。

サブウィンドウを一部残す時の手順なので、運用には直接関係はございません。

2. 値幅が広がる過程では上向き矢印を表示できます。初期設定では値幅拡大時シグナル表示レベルが0になっておりますが、pips指定をしますと最新足を含む直近足30本の値幅がリアルタイムで青い水平線を上回ったら青い上向き矢印を表示します。

水平線の水準や色は適宜変更してください。
値幅拡大時シグナル表示レベルを0に指定すると値幅拡大時シグナルを表示しません。

メインチャートに矢印の表示/非表示、ボックスの表示/非表示が可能です。
ボックスの色を矢印と異なる色に変更することも可能です。

3. シグナル表示と同時にメール送信やアラートベルを鳴らします。

これにより、他の作業中や外出先などでも値幅が目標値を超えたことを知ることができます。

下図はメールの例です。
nehaba_upmail

下図はアラートの例です。
nehaba_alert

上記の機能を是非有効活用してください。

ご成功をお祈りいたします。

推奨動作環境

推奨動作環境はMT4の推奨動作環境に準じます。

OS:Windows10・8・7・Vista・WindowsXP
CPU:Pentium1GHz以上
メモリ:512MB以上
解像度:1024×768以上
通信環境:ブロードバンド回線
(ADSL回線・光ファイバー回線等)
ハードディスク空き容量: 100MB以上

使用するFX会社に制限はございません。

商材に含まれる内容

1.MT4 値幅ウォッチャ プログラムファイル(28KB)

※マニュアルは当Webページをご覧ください。

インストール方法

コピー&ペーストするだけの簡単インストールです。

nehaba_inst

1.「MT4_Nehaba_Watcher.ex4」ファイルを右クリックメニューからコピーします。

2.MT4の「ファイル」→「データフォルダを開く」→「MQL4」→「Indicators」フォルダ上で右クリックメニューから貼り付けてください。(上図)

3.MT4を再起動します。「ナビゲーター」の「罫線分析ツール」に「MT4_Nehaba_Watcher」が表示されればインストール完了です。(下図)
nehaba_navi

チャートへの表示と注意点

chui

表示したい通貨のチャートを開いたら初期状態ではタイムフレームが1時間足になっているはずですので、1分足,5分足,15分足~日足,週足,月足までの全アイコンをクリックして、一通り全タイムフレームの足のチャートを切り替え表示させておいてください。

その上で、表示したい通貨のチャート上に「ナビゲーター」の「罫線分析ツール」からインジケータをドラッグしてください。

こうすることで、各足のデータを事前にダウンロードすることができ、タイムフレームを切り替えてもスムーズにインジケータの表示が行われます。

開いているチャート上にインジケータをドラッグした場合は、チャートの足データがほぼダウンロードされており、初期表示処理で過去足3000本の足の範囲で条件判定してシグナルを表示させるだけで良いのですが、

タイムフレームの切り替え時には、現在表示中のチャートの終了処理で過去足3000本の足の範囲で全シグナルを削除してから、次のタイムフレームの足の初期表示処理で過去足3000本の足の範囲で条件判定してシグナルを表示させるため、負荷が大きいのです。

そのため、表示するタイムフレームの足データが事前にダウンロードされていないと、タイムフレーム切り替え時にインジケータが外れることがあります。

このような場合には、再度インジケータをチャート上にドラッグしてください。

以上、タイムフレーム切り替え時の終了処理と初期表示処理に係わる負荷軽減のための対応のお願いでした。

設定項目の説明

「ナビゲーター」の「罫線分析ツール」から「MT4_Nehaba_Watcher」をチャート上にドラッグすると設定画面が表示されますので、「パラメーターの入力」タブで設定を適宜修正してOKをクリックしてください。

既に表示中の設定を変更する場合は、チャート上で右クリックのメニューから「表示中の罫線分析ツール」→「MT4_Nehaba_Watcher」→「編集」から行ってください。

設定画面
nehaba_setting

※「シグナル表示最終足」については通常は未入力でご利用ください。
「シグナル表示最終足」は、例えば1年前や数年前などの直近3000本より前の期間にシグナルを表示して検証したい場合などに使用します。

ご購入について

MT4 値幅 ウォッチャは、9,800円です。

fx-onでご購入!

kounyu_blue

dl-marketでご購入

DLmarketで購入

バージョンアップは無料です。

無料サポート連絡先
メール:info(アットマーク)abproducts.biz
SkypeID:sinsatori
HomePage: http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/
ブログFXの調べ: http://fxmt4indicator.blog.jp/

アートブレインプロダクツ
担当:さとり心

以上となっております。