MT4 ドローダウンの小さい時間帯にトレードするGMMAトレンド+逆張りRSI自動売買ツールEA USDJPY M5

ドローダウンが小さい6つの時間帯にトレード!
GMMAトレンド方向にRSIの最大5つの設定の逆張りで高勝率!

 

GMMALongでトレンド判定し、RSIで逆張りを仕掛ける自動売買ツールEAを使って、過去4年半で最もドローダウンが小さい時間帯を調べてみました。

その結果が下図です。


上図ではMT4のテスターでドローダウンが小さい順に並べました。

一番上の行、つまり最もドローダウンが小さいのは8時代のトレード結果、以下、15時代,20時代,7時代,6時代,22時代と続きます。

このドローダウンが小さい時間帯のみにトレードした結果は以下の通りです。

下図が2013年からの4年半の残高曲線で内包される5つのEAの内比較的ドローダウンの小さい3つの設定をを1ロット0.01ずつで動かした場合のデーターです。
ドローダウンが小さい時間帯15時代,8時代,7時代,22時代,20時代,6時代の6つの時間帯でトレードしたテスト結果です。

USDJPY5分足の3設定6時間帯のトレードの2013年1月からの4年半のバックテストによる売買データです。

売買ロット0.01
売買回数739回
純益65128円
最大ドローダウン 12102円
勝率82.81%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=1.58
平均利益 290円
平均損失 887円

因みに下図が20時代のみで2013年からの4年半の残高曲線で内包される5つのEAの内比較的ドローダウンの小さい3つの設定をを1ロット0.01ずつで動かした場合のデーターです。
最も収益性の高かった20時代の時間帯でトレードしたテスト結果です。

USDJPY5分足の3設定20時代のトレードの2013年1月からの4年半のバックテストによる売買データです。

売買ロット0.01
売買回数177回
純益34550円
最大ドローダウン 5655円
勝率86.44%
プロフィットファクター(総利益/総損失)=2.74
平均利益 355円
平均損失 827円

※20時代のみトレードする場合は、OneHourTrade=15,8,7,22,20,6となっている初期設定をOneHourTrade=20にするだけです。

※TP、SL、利益確保機能、トレール、GMMAトレンドフィルターなどのパラメーターは調整可能です。

※通貨はUSDJPY限定、時間足はフリーです。

午前4時から午前9時までは一般にスプレッドは広いのですが、当EAはスキャルピングEAではないですし、最大許容スプレッドはデフォルトで3pipsに設定してあるので、それほど気にしなくて良いかと思います。

今回制作した「GMMAトレンド +逆張りRSI 自動売買ツールEA USDJPY M5」ではドローダウンが小さい時間帯15時代,8時代,7時代,22時代,20時代,6時代の6つの時間帯でトレードします。

もちろんトレード時間帯は自由に変更できます。

比較的儲かっている時間帯は、20時から23時と3時から7時です。

下図は、4年半の最適化おいて純利益が大きい順に並べたものです。

また、時間足フリー、GMMAトレンドはマルチタイムフレームで設定変更可能で、RSIの設定もマルチタイムフレームで5つまで設定が可能でして、マジックンナンバーの異なる5つのEAが入っております。

下図が買いの例です。

買いポジションは最大5つまでです。

下図が売りの例です。

売りポジションも最大5つまでです。

Webマニュアル

機能・初期設定

機能・項目 概要・説明
機能概要 ・GMMALongのトレンド方向にRSIで逆張りを行う
・RSI50を跨いでから30を切ったら逆張りで買い、70を超えたら逆張りで売りを行う
・RSIは()の項目について5種類の設定が可能(時間足、計算期間、比率モード※1/pipsモード切り替え、SL、TP、トレール、小幅利益確保ストップ変更機能)
・比率モード※1とは、SL、TP、ストップ変更、トレールについて、pipsそのものではなく、レートに対する比率でpipsを計算する方式です。
例えば、レートが110円でSLが50なら、110×0.005=55pipsとなります。比率モードはレートが130円になったり80円になったりしてもSL、TPなどを一定の比率で計算するようにしたモードです。
・タイミングは、足の終値で判断し、次の足の始値で新規建て(RealTimeModeもあり)
・小幅利益確保のストップ変更機能とトレール機能あり
・決済方法は、SL,TP自動設定、小幅利益確保ストップ変更機能、トレール決済
・買い5ポジション、売り5ポジションまで可能(両建てになる可能性はあり)
・1時間指定トレード最適化テスト機能(0時代~23時代まで24の各1時間指定テスト)
※↓1時間指定トレード最適化テスト時の設定です。
初期設定 1.設定2の場合、TP=レート×60×0.0001pips(レートが110円なら110×60×0.0001=66pips) SL=レート×100×0.0001pips
2.米国雇用統計発表日は20時にポジションを決済し0時に再開
3.週末土曜日の5:00に自動決済 週明けは月曜日の8:00に自動再開
4.トレンドフィルターオン
5.最大ロット制限なし
7.最大ポジション保持時間制限なし(指定可能)
8.トレールオン、小幅利益確保のストップ変更機能オン
※初期設定では設定2(Mg2),3(Mg3),4(Mg4)の3つの設定のみ有効です。
対象通貨、時間足 USDJPY、時間足フリーです。初期設定ではUSDJPY5分足に合わせてございます。

動作環境・インストール

項目 説明
推奨動作環境 推奨動作環境はMT4の推奨動作環境に準じます。

OS:Windows10・8・7・Vista・WindowsXP
CPU:Pentium1GHz以上
メモリ:512MB以上
解像度:1024×768以上
通信環境:ブロードバンド回線
(ADSL回線・光ファイバー回線等)
ハードディスク空き容量: 100MB以上

使用するFX会社に制限はございません。

商材に含まれる内容 プログラムファイル1つ
MT4_GMMA_RSI_EA_USDJPY_M5.ex4(114kb)※マニュアルは当Webマニュアルをご覧ください。
インストールとチャートへの設定方法 ※バージョンは適宜読み替えてください。1.「MT4_GMMA_RSI_EA_USDJPY_M5.ex4」ファイルを右クリックメニューからコピーします。

2.MT4の「ファイル」→「データフォルダを開く」→「MQL4」→「Experts」フォルダ上で右クリックメニューから貼り付けてください。

3.MT4を再起動します。「ナビゲーター」の「エキスパートアドバイザ」に「MT4_GMMA_RSI_EA_USDJPY_M5」が表示されればインストール完了です。

4.チャートを開き、ナビゲーターのエキスパートアドバイザからMT4_GMMA_RSI_EA_USDJPY_M5をドラッグして、プロパティ画面の全般の「自動売買を許可する」にチェックしてOKボタンをクリックしてください。
※「DLLの使用を許可する」のチェックは必要ありません。

5.MT4の自動売買アイコンをクリックして緑色のボタンが表示されれば自動売買が開始されます。

質問等 ご質問は下記メールアドレスまでお願いいたします。

infoあっとまーくabproducts.biz(さとり)

【FAQ】

Q.複数通貨で使えますか?
A.申し訳ございません。通貨はUSDJPY限定となっております。

Q.タイムフレームに制限はありますか?
A.タイムフレームに制限はございません。時間足はフリーとなっております。

Q.マニュアルはありますか?
A.マニュアルは当WEBページをご覧ください。設定変更も特に不要でそのまま使えるため、詳しいマニュアルは不要かと思いますが、不明な点がございましたら上記メールアドレスまでご連絡ください。FAQに一般の質問として掲載させていただきます。基本的には当WEBページをマニュアルとして更新してまいります。

Q.複数口座で使えますか?
A.本人名義の複数口座でご利用いただけます。本人名義であれば、口座フリーとなっております。

Q.バージョンアップは無料ですか?
A.バージョンアップは無料です。

設定項目

ご購入について

※ご利用に際しては、デモ口座やテスターで十分に安全を確認してから本番口座に移行してください。

ご購入先 価格と購入へのリンク
fx-onでご購入 価格は2017年8月31日まで8,800円です。

2017年9月1日からは12,800円とさせていただきます。
kounyu_blue

DLMarketでご購入 価格は2017年8月31日まで8,800円です。

2017年9月1日からは12,800円とさせていただきます。
DLmarketで購入