ライフスタイルインジケーター Type ブレイク USDJPY 15分足版 と別売りツールEA

トレンド方向に安値を切り上げているときに前の高値を越えたら買い! 高値を切り下げているときに前の安値を切ったら売る! シグナル・メール・アラート レジサポ転換シグナルもあり!

トレード時間帯「9時~17時」と「20時~2時」に最適化された2種類のインジケーター(ツールEAをご購入の場合は2種類のEA)を同梱しています。

ライフスタイルインジケーター及びEAは、特に初心者の方向けに、設定変更をなるべくせずに、そのままお使いいただくという趣旨がございます。

サポートの関係上通貨はUSDJPY限定、時間足タイムフレームはフリーとなっております。

下図は、USDJPY15分足の買いの例です。

赤と青のラインはインジケーターによる表示です。

安値を切り上げているときに、前の高値を抜けて買いシグナルを表示します。

前の高値の5pips手前圏内で予備シグナルを表示します。

前の高値を越えると高値から水平線の点線がを引きますが、その後上昇して一旦陰転して押し目を作り、再度情報に切り替えした時に前の高値よりも直近安値の方が高い状態になることがあります。

これをレジサポ転換と認識し、以前点線だった水平線を破線で上書きします。

レジサポ転換とは、前のレジスタンスライン(高値相当)を越えて押し目を作ってまた切り替えして上昇した時に、前のレジスタンスライン(高値相当)が現在のサポートライン(安値相当)に役目を切り替えることを言います。

上図の「細かく見た場合はここでレジサポ転換している」赤い○のように、シグナルに出ないレジサポ転換を判断してエントリーすることも裁量ならではのメリットでもあります。

レジサポ転換はライントレードで使われるメインのロジックであり、エリオット波動で言えば、5波動中第4波の安値は第1波の高値を割らない、という考え方を表しています。

要は、インジケーターを通して考え方を応用できれば、運用が改善する可能性があるのです。

下図は、USDJPY15分足売りの例です。


赤と青のラインはインジケーターによる表示です。

高値を切り下げているときに、前の安値を抜けて売りシグナルを表示します。

前の安値の5pips手前圏内で予備シグナルを表示します。

高値安値を切り上げ切り下げしながらトレンドを形成するというダウ理論と5波動の上げの中で第4波の安値は第1波の高値を割らないというエリオット波動の考え方をベースにしてシグナルを出しています。

トレード時間9時~17時の最適化を行ったMT4テストレポート

下図が9時~17時のUSDJPY15分足の5年半に渡る売買テストの残高曲線です。

【ツールEAによる9時~17時のテスト結果】

※主婦の方、年金生活者の方、昼型専業トレーダーの方等のトレード時間帯を想定

期間:2013年1月~2018年7月

通貨:USDJPY

時間足:15分足

トレード時間帯:9時~17時(ご購入後ご希望のトレード時間帯をメールで1つお知らせください。

トレンド判定移動平均EMA:買い→日足、売り→1分足(詳細はご購入者されますと、テキストファイルに記載がございます。)

※例えば、売りが儲かりにくい時間帯では、15分足の上向きのMAの手前(クロス前)での売りシグナルのみ有効という逆張り的なトレンドフィルター基準のケースもございます。

売買単位:0.1ロット(10000通貨)

赤青ライン高値安値転換値幅:ご購入者されますと、テキストファイルに記載がございます。

利食い幅:65pips(利食いを伸ばしたり、早めたりは裁量により調整してください。)

損切り幅:50pips(損切りを早めたりは裁量により調整してください。)

※ツールEAでは発注時に同時に利食いと損切りを置くOCO注文となります。

ご購入後ご希望のリスクリワード(損切り幅:利食い幅)をメールで1つお知らせください。

ポジション最大保持時間:24時間

ご購入後ご希望のポジション最大保持時間をメールで1つお知らせください。

純益:239320円

PF:1.41 (リスクリワードレシオ(損切り幅:利食い幅)の調整によっても変わります。)

売買回数:671回(売り218回/買い453回)

勝率%:77.35(リスクリワードレシオ(損切り幅:利食い幅)の調整によっても変わります。)

※買いの場合、8pipsの含み益が出たら買値から1pipsの利益が出る水準にストップ注文を変更するため、勝率は高目になっています。

最大ドローダウン:28690円

9時~17時のMT4レポートのダウンロード

※最新版のアップデートの掲載が間に合っていない場合もございますので、購入された場合は同梱されたMT4テストレポートをご覧ください。

トレード時間20時~2時の最適化を行ったMT4テストレポート

下図が20時~2時のUSDJPY15分足の5年半に渡る売買テストの残高曲線です。

【ツールEAによる20時~2時のテスト結果】

※サラリーマン・OLの方、学生の方、夜型専業トレーダーの方等のトレード時間帯を想定

期間:2013年1月~2018年6月

通貨:USDJPY

時間足:15分足

トレード時間帯:20時~2時(ご購入後ご希望のトレード時間帯をメールで1つお知らせください。

売買単位:0.1ロット(10000通貨)

トレンド判定移動平均EMA:買い→4時間足、売り→日足(詳細はご購入者されますと、テキストファイルに記載がございます。)

※例えば、売りが儲かりにくい時間帯では、15分足の上向きのMAの手前(クロス前)での売りシグナルのみ有効という逆張り的なトレンド判定基準のケースもございます。

赤青ライン高値安値転換値幅:ご購入者されますと、テキストファイルに記載がございます。

利食い幅:35pips(利食いを伸ばしたり、早めたりは裁量により調整してください。)

損切り幅:50pips(損切りを早めたりは裁量により調整してください。)

※ツールEAでは発注時に同時に利食いと損切りを置くOCO注文となります。

ご購入後ご希望のリスクリワード(損切り幅:利食い幅)をメールで1つお知らせください。

ポジション最大保持時間:24時間

ご購入後ご希望のポジション最大保持時間をメールで1つお知らせください。

純益:170180円

PF:1.46 (リスクリワードレシオ(損切り幅:利食い幅)の調整によっても変わります。)

売買回数:341回(売り123回/買い218回)

勝率%:73.90(リスクリワードレシオ(損切り幅:利食い幅)の調整によっても変わります。)

※買いの場合、20pipsの含み益が出たら買値から5pipsの利益が出る水準にストップ注文を変更するため、勝率は高目になっています。

最大ドローダウン:37340円

20時~2時のMT4レポートのダウンロード

※最新版のアップデート掲載が間に合っていない場合もございますので、購入された場合は同梱されたMT4テストレポートをご覧ください。

※ご購入後3ヶ月以内に、メールで、ご購入時のID(注文番号)、ご希望のトレード時間帯、リスクリワード(損切り幅pips:利食い幅pips)、ポジション最大保持時間(デフォルトは24時間)をお送りいただくと、原則として3営業日以内に、MT4の最適化結果レポートとレポートに基づく初期設定を行ったインジケーター(ツールEAをご購入の場合はツールEA)をお送りいたします。

例えば、リスクリワードレシオ(損切り幅:利食い幅)が勝率重視の早利食いの設定50pips:20pips=5:2であれば勝率60%~70%程度となり、
リスクリワードレシオ(損切り幅:利食い幅)が値幅重視の利食いを伸ばす設定50pips:100pips=1:2であれば勝率45%~60%程度となります。

9時~17時、20時~2時の他にご自分がトレードするメインのトレード時間帯(23時~0時の1時間のみとか24時間でも可)の設定を行ったインジケーター(ツールEAをご購入の場合はツールEA)が得られます。

2回目以降の無料最適化サービスのご利用は3ヶ月以上経過後にお願いいたします。

ある程度時間をかけてじっくりインジケーターの設定など全般を見直したい場合は、
下記の有料サービスをご利用ください。

MT4レポート作成&トレード時間帯別設定コンサルティングサービス」のご案内
3ヶ月単位で何度でもリピート可能!

※ツールEAがあると利食いと損切りを自動で置ける他、ご自分でもトレード時間帯やトレンドMA、リスクリワード(損切り幅pips:利食い幅pips)などの最適化が可能になったり、ご自分がトレードする際に仕掛けだけをEAの自動売買で行って決済をご自分の裁量で行う等、臨機応変なトレードが可能です。
その際、売買毎にメール・アラートをでお知らせする無料の「売買しない注文お知らせ専用EA」をお使いいただくと便利です。
EAと言いますと24時間稼動させるイメージがありますが、当ページで販売しているツールEAはトレード時間帯にオンオフしながら稼動させればよく、ほぼシグナル通りに自動で仕掛けて裁量で決済したり、ちょっと外出する際などにほぼシグナル通りに仕掛けておくなどの裁量補助を行うツールとしてのEAです。

動作環境、インストールと設定

設定については、インジケーターやツールEAの設定画面に説明が記載されておりますのでお分かりになるかと思いますが、不明な点は下記メールアドレスまでお問い合わせください。

項目 説明
推奨動作環境 推奨動作環境はMT4の推奨動作環境に準じます。

OS:Windows10・8・7・Vista・WindowsXP
CPU:Pentium1GHz以上
メモリ:512MB以上
解像度:1024×768以上
通信環境:ブロードバンド回線
(ADSL回線・光ファイバー回線等)
ハードディスク空き容量: 100MB以上

使用するFX会社に制限はございません。

インジケーターをご購入の場合に含まれる内容 プログラムファイル1つ(USDJPY限定、時間足はフリー)

 

インジケーターをご購入の場合インストール方法 ※バージョン等は適宜読み替えてください。1.「LifeStyleSIndi_TypeBreak_USDJPY_M15.ex4」を選択して右クリックメニューからコピーします。2.MT4の「ファイル」→「データフォルダを開く」→「MQL4」→「Indicators」フォルダ上で右クリックメニューから貼り付けてください。

3.MT4を再起動します。「ナビゲーター」の「罫線分析ツール」にインジケーター名が表示されればインストール完了です。

※設定画面に設定項目の説明が記載されております。

ツールEAをご購入の場合含まれる内容 プログラムファイル1つ(USDJPY限定、時間足はフリー)
※ツールEAは最適化テストや発注時にストップロスとテイクプロフィットを同時に行うOCO注文の自動売買が可能です。
ちょっとした外出時等にも新規建てをツールEAで行い、決済のみ裁量で行う等、ライフスタイルにおける運用のバリエーションが広がります。
ツールEAをご購入の場合インストール方法 ※バージョン等は適宜読み替えてください。

1.「LifeStyleEA_TypeBreak_USDJPY_M15.ex4」を選択して右クリックメニューからコピーします。

2.MT4の「ファイル」→「データフォルダを開く」→「MQL4」→「Experts」フォルダ上で右クリックメニューから貼り付けてください。

3.MT4を再起動します。「ナビゲーター」の「罫線分析ツール」にEA名が表示されればインストール完了です。

※設定画面に設定項目の説明が記載されております。

質問等 ご質問は下記メールアドレスまでお願いいたします。

infoあっとまーくabproducts.biz(さとり)

ご購入について

インジケーターのご購入先 インジケーターの価格と購入へのリンク
インジケーターをfx-onでご購入 USDJPY15分足版(通貨は限定、時間足はフリー):価格は9900円です。
kounyu_blue
インジケーターをDLMarketでご購入 USDJPY15分足版(通貨は限定、時間足はフリー):価格は9900円です。

DLmarketで購入

ツールEAのご購入先 ツールEAの価格と購入へのリンク
ツールEAをfx-onでご購入 USDJPY15分足版(通貨は限定、時間足はフリー):価格は11400円です。

kounyu_blue
ツールEAをDLMarketでご購入 USDJPY15分足版(通貨は限定、時間足はフリー):価格は11400円です。

DLmarketで購入

コメントを残す




CAPTCHA