トレンドフォローインジケータ MT4 RSIMA押し抜けくん

 RSIとMAで押し目買い!


「トレンドフォローインジケータ MT4 RSI MA MTF押し抜けくん」は、勝つための鉄則とも言えるRSIでトレンド方向に押し目買い、戻り売りのタイミングを取るために作りました。

「相場には収縮と拡散しかない」と言われますが、収縮から拡散する過程で仕掛ければ、ストップロスにかかる確率は低くなる傾向があると想定しての仕様です。

ユーロドル30分足始値でのバックテスト

ユーロドル30分足始値でのバックテスト2015年4月
※右肩上がりの曲線は残高曲線です。


EURJPY30分足始値での売買ポイント
EURJPY30分足始値での売買ポイント



EURJPY30分足始値で売買したバックテストデータ
2015年4月

売買単位:10,000通貨  
トレンド:TrendMA(青)の傾きで判断 
付加条件:レートがCrossMA(赤)とクロス後ならシグナル表示
1ヶ月間トータル損益:+34,921円
勝率:78.79% 26勝7敗
ロングポジション:18回 勝率83%
ショートポジション:15回 勝率73%
プロフィットファクター(勝ち幅÷負け幅):2.25倍
リスクリワードレシオ「平均獲得pips」÷「平均損失pips」:2,416円÷3,985円=0.61

想定運用資金:30万円(1回のロスが2%程度)
最大ドローダウン:126,160円(4.1%)
月利:(34,921円÷300,000円)×100=11.64%
年利:11.64×12=139.68%

※上記の数値等は目安にしていただくものであり、通貨や足、期間、相場によって適宜変更してください。

※表現の正確性やデータの保証や利益の補償は行いません。全て自己責任で行ってください。



2015年4月のユーロ円相場は、前半が揉み合いからの下げ、後半が揉み合いからの上げで終わりました。

この間、前半は売り中心で儲け、後半は買い中心で儲けています。

一般に、半年、1年以上のデータの方が信頼性が高いと思われますが、長期に渡って納得ゆく結果を出すには、平均値で儲ける考え方になり、売買頻度が少なかったり、勝率が低かったりと、長期のデータを実際の裁量売買で使うのは難しいはずです。


そこで、このように直近1ヶ月の動きの中で、どのように売買すれば儲かっていたか?をより具体的にイメージして頂くためにバックテストを行いました。

30分足の始値で行うので、30分毎にチェックすれば良いことを想定しております。

基本的にはデイトレを想定しております。

週末のポジション持ち越しはありません。

このテストは、別売りの「トレードルール作成支援ツールRSIMA押し抜けくんEA」で行いました。

トレンドを判断する移動平均線TrendMAと、レートとのクロスの状態を判断する移動平均線CrossMAの両方とも買いになっている状態で、RSI押し抜けくんの買いシグナルが出れば、青い上向き矢印を表示します。

トレンドを判断する移動平均線TrendMAは、新バージョンでマルチタイムフレームに対応しました。

当商材には、従来版とマルチタイムフレーム対応版の両方が含まれております。

以後、マルチタイムフレームは「MTF」と表記いたします。

マルチタイムフレームとは、表示しているチャートの上位足の移動平均線を表示する機能です。

30分足のチャート上に4時間足の移動平均線を表示することができます。

売りの場合は、逆で、赤い下向き矢印を表示します。

シグナルの矢印は、サブチャートのRSI上だけでなく、メインチャートのレート付近にも表示します。

シグナルと同時にメールやアラートでお知らせできます。

さらには、シグナルが出る水平線をドラッグで即時変更できますので、通貨や時間足分足、相場の状況によってシグナルのタイミングを自由に調整できます。

上昇相場では買いシグナルのみ表示や下降相場では売りシグナルのみ表示ということも1ドラッグで調整可能です。

シグナルは、どの期間でも有効とは限りませんが、シグナルを見ながら相場を読むことができるようになれば、裁量トレードが大きく前進するはずです。

どうぞ、シグナルを調整しシグナルを選んで、押し抜けくんの操作に慣れていただき、ご成功につなげてください。


概要動画もご参考ください。
https://youtu.be/rQluyG2Sf_M



※ここまでお読み頂いた貴方に!

宜しければ無料プレゼントを申請してください。

「RSIMA押し抜けくん」のマニュアルを無料で差し上げております。


マニュアルは従来版とMTF対応版の他、MTF対応版のMT4バックテストレポートの2015年5月と6月のものをお付けしています。

バックテストレポートは、別売りの「トレードルール作成支援ツールRSIMA押し抜けくんEA」で作成しました。

5月は後半上昇相場がありましたし、6月はボックス相場となりましたので、過去のデータに過ぎませんが、特徴のある直近2ヶ月のデータをベースにトレードルールを検討して見てください。

「RSIMA押し抜けくん」マニュアルプレゼント申請フォーム


同時に「FXの調べ無料メルマガ」に登録させて頂きます。

既に登録済みの方は、2重登録にはなりません。

「FXの調べ無料メルマガ」にご登録頂きますと、

無料プレゼント情報や検証結果等をお知らせいたします。

お手数ですが、

 info(あっとまーく)abproducts.biz

からメールが届くように設定をご確認ください。



 中長期トレンドでも押し目買い!

上昇相場でのシグナルの味付け
(ユーロ円1時間足の押し目買いの例)
ユーロ円1時間足の押し目買い

※赤い実線をドラッグして100付近に移動するか、赤い実線を削除すれば、売りシグナルは出ません。買いシグナルのみ表示されます。
このケースでは移動平均線を使用しておりません。

上昇相場と予想した時は、売りシグナルを抑え、買いシグナルが出やすくなるように、赤い実線を上方向にドラッグして100に近づけてください。

上図の例では、大よそ以下の設定となっています。

赤い点線 98
赤い実線 95

青い実線 55
青い点線 45



下降相場のシグナルの味付け
(ポンドドル1時間足の戻り売りの例)

ポンドドル1時間足の戻り売り


下降相場を予想したときは、買いシグナルを抑え、売りシグナルが出やすくなるように、赤と青の点線と実線を設定してください。
このケースでは移動平均線を使用しておりません。

上図の例では、およそ以下の設定となっています。

赤い点線 55
赤い実線 45

青い実線 35
青い点線 25


※この例では戻り高値安値を切り下げているため、売りも買いも機能しています。



 MT4RSIMA押し抜けくん機能まとめ


「MT4RSIMA押し抜けくん」(以下押し抜けくん)は全通貨全足対応であり、1分足から日足まで動作いたしますので、デイトレはもちろん、スキャルピングやスウィングトレードなどでもご利用いただけます。

押し抜けくんには以下のような機能がございます。

1. シグナルはRSIのサブウィンドウだけでなく、メインチャートウィンドウにも表示します。

これにより、レートが下がっているのにRSIが上がっているといった底値圏で出やすいダイバージェンス現象を認識しやすくなります。

2. 上昇相場を予想する時は買いシグナルのみ表示したり、反対に下降相場を予想する時は売りシグナルのみを表示することができます。

これにより、RSIを逆張り指標として使うだけでなく、一方的なトレンドが出たときでも上昇相場での押し目買いや、下降相場での戻り売りなどのタイミングが取りやすくなります。

3. 最新足確定前にRSIが実線をクロスした時に、リアルタイムクロスのメール送信やアラートベルを鳴らします。

これにより、最新足確定前にリアルタイムで早目に仕掛るなどの対応がしやすくなります。急騰、急落などの局面で、リアルタイムでの売買の判断材料になります。

4. シグナル表示と同時にメール送信やアラートベルを鳴らします。

これにより、他の作業中や外出先などでもRSIが目標値を超えたことを知ることができます。










5.移動平均線TrendMA(MTFに対応済み)の傾きでトレンドを判断し、付加機能として移動平均線CrossMAとレートのクロス及び未クロスをシグナル表示の条件判定に加えることが可能です。

より大事なことは、値幅が小さい中でのもみ合いで上昇または下降のエネルギーを蓄え、大きく抜けるところを捉えようとすることであり、そのタイミングを補助するのが押し抜けくんの役割です。

上記の機能を是非有効活用してください。

ご成功をお祈りいたします。



RSIとは

ここでは、改めてRSIの定義を説明いたします。

RSIとは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのか計測しようとする指標です。

直近n期間の各時点における終値ベースの変動幅、つまり、上昇幅の累計と下落幅の累計を合計し、そのうち上昇幅の累計が全体の何%を占めているのかを計る指標です。

RSIは、50%を中心として0〜100%の範囲で推移し、上昇局面に入ると数値が50%以上で推移し、下降局面に入ると数値が50%以下で推移します。

※通常、RSIが70%(80%)以上であれば相場は買われすぎ、逆にRSIが30%(20%)以下であれば相場は売られ過ぎであると判断されます。

※RSIの計算式(期間足14本のケース)



 MT4RSIMA押し抜けくんのご購入

MT4RSIMA押し抜けくんの推奨動作環境はMT4の推奨動作環境に準じます。

OS:Windows8・7・Vista・WindowsXP
CPU:Pentium1GHz以上
メモリ:512MB以上
解像度:1024×768以上
通信環境:ブロードバンド回線
(ADSL回線・光ファイバー回線等)
ハードディスク空き容量: 100MB以上

<含まれる内容は以下の4項目です。>

1.従来版マニュアルPDF(14ページ)

2.従来版MT4 MA押し抜けくんMT4プログラム(18KB)
 移動平均線表示用インジケーター

3.従来版MT4 RSI押し抜けくんMT4プログラム(49KB)
 RSIやトレンドを判定してシグナルを表示するインジケータ

4.MTF対応版マニュアル(PDF13ページ)

5.MTF対応MAインジケーター設定項目の説明(PDF2ページ)

6.MTF対応RSIインジケーター設定項目の説明(PDF4ページ)

7.MTF対応RSIMA押し抜けくんEAでテストしたバックテストレポート(2015年5月分と6月分)

8.MTF対応版版MT4 MA押し抜けくんMT4プログラム(25KB)
 移動平均線表示用インジケーター

9.MTF対応版MT4 RSI押し抜けくんMT4プログラム(70KB)
 RSIやトレンドを判定してシグナルを表示するインジケータ


全通貨全足対応
(1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足対応版)


【MT4 RSI MA 押し抜けくん】

価格12,800円 (税込)




※価格については、ある程度高機能な商材でも1万円代でご購入いただけるよう配慮しております。

※サポートについては、主に動作について無料で行っております。

バージョンアップは無料です。

ご連絡先
メール:
Skype:sinsatori
HomePage: http://abproducts.biz/

アートブレインプロダクツ
担当:さとり

以上となっております。

リスクについて
WEBやマニュアルのデータや売買に関する記述は、売買の目安として参考にして頂くためのものであり、
妥当性、正確性や利益を保証するものではございません。
いかなる場合でも、 売買はご自分の判断と責任で行って頂くものであり、損失について保証することはございません。
また、ソフトウェアのインストールの結果についても、問題があれば適切なアドバイスをさせて頂きますが、
ご自分の判断と責任で行って頂くものとなります。

外国為替証拠金取引(FX)は、証拠金を預託することにより少額の資金で大きな金額の取引を行うことが可能ですが、
外国為替相場や金利の変動により預託した証拠金を上回る損失となる可能性があります。
取引に際しては、契約締結前にFX業者から交付される「外国為替証拠金取引説明書」等の内容を十分理解し、
ご自身の判断と責任において取引を行って下さい。

信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。

FX取引による損失等について、当サイト関係者、ソフト開発者は一切の責任を負いません。
また、金銭の預託運用など投資助言行為は一切行いません。
尚、当サイト及びソフトは十分に注意して作成されておりますが、万が一内容に誤りがあった場合でも、
適切な方法で訂正は行いますが、お客様の運用結果について損失が生じた場合でも、一切返品、返金、保証は負いません。

個人情報の保護について
当サイトが、ホームページ上でお客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合などを除き、
ご本人様の事前の了解なく第三者に提供・提示されることはありません。

このページの先頭へ